セラミックとは?

セラミックとは高温で焼き上げた陶磁器のことで、パウダー状にした鉱物を製品に合わせて調合し、成形したあとに焼結して製造される素材です。地球上で最も硬い鉱物であるダイヤモンドに迫るほど非常に硬く、熱やキズ、汚れに強いのが特徴です。変形や経年劣化が起こりにくく安定した素材のため、日常使いするダイニングテーブルにぴったりの素材と言えます。

セラミックの特徴

①手入れいらずでズボラでも安心

※※ここにTOP画像のコメントを入れてください※※

熱・キズ・汚れに強く、特別なお手入れをしなくても長く使えるセラミック。コンロで熱した熱い鍋をそのまま置いても変形・変色は見られないほど熱に強い素材です。鍋敷き不要なんて木製のテーブルでは考えられませんよね。

※※ここにTOP画像のコメントを入れてください※※

また、天板をまな板代わりにしても包丁のキズが付かないほど硬くてキズに強く、金属製のカトラリーで擦ったり叩いたりしても大丈夫です。

※※ここにTOP画像のコメントを入れてください※※

さらに水分の吸収率はほぼ0%と言われています。水分だけではなく、油や調味料も染み込みにくく、シミになることがありません。台拭きでさっと拭くだけで簡単にきれいになります。油性ペンで書いてしまってもセラミックテーブルであれば拭き取れるので問題ありません。お子様のいる家庭でも安心して使えます。

※※ここにTOP画像のコメントを入れてください※※

tacのセラミックは素材にこだわっています。薄いセラミックと他素材を組み合わせた天板が多いなか、12mmの厚みの純粋なセラミックのみを使用しています。素材を贅沢に使用することで、デザイン性だけでなく本来の機能性を存分に発揮できる高機能天板です。

②長く清潔に使えて高コスパ

※※ここに画像のコメントを入れてください。

抗菌性が高くお手入れが簡単なセラミック。木製テーブルだと塗装によっては変色してしまうこともあるアルコール消毒も気兼ねなく使うことができ、いつでも清潔に保てます。キズや凹み、水分・油などの汚れなど、さまざまな経年劣化に強い性質を持っているので、いつまでも美しさを保ちながら長く使えてコスパが良いのもうれしいポイントです。

※※ここに画像のコメントを入れてください。

使用頻度が高く、汚れやすいダイニングテーブルだからこそ、耐熱性・耐薬品性・耐水性などに優れたセラミック素材を使うことで長く愛用できます。

※※ここに画像のコメントを入れてください。

掃除が楽だから、キッチンの作業台代わりとしても使えて便利。キッチンより高さも低いのでお子様が料理のお手伝いするのにもちょうどいい高さになります。粉飛びを気にせずにお菓子やパン作りが気軽にできたり、ホットプレートを使った料理がストレスなくできて快適です。

③思わず写真を撮りたくなる自慢のリビングに

※※ここにTOP画像のコメントを入れてください※※

セラミックは重厚感と上品な雰囲気を持ち、お部屋にシャープでモダンな印象を与えてくれます。セラミックの家具を置くだけで周りとはひと味違うあか抜けたインテリアに。まるでモデルルームのような無機質でホテルライクなお部屋を目指したい方にぴったりです。お友だちを招いてホームパーティーをしたくなるような自慢のリビングになります。

※※ここにTOP画像のコメントを入れてください※※

面積の広いダイニングテーブルは部屋の雰囲気に大きく影響を与えるので、セラミック素材の天板を使うだけで特別感のある日常を演出し、魅力的なお部屋づくりができるでしょう。料理もよく映えるので、食卓の雰囲気も明るくなり、気分も上がるのではないでしょうか。

※※ここにTOP画像のコメントを入れてください※※

『セラミックテーブルに憧れはあるけど、お部屋を無機質な雰囲気にはしたくない...』という方には、木脚のテーブルや木製・ファブリックを使ったチェアを合わせるのがおすすめです。セラミックには無機質でクールなイメージを持つ方が多いかもしれませんが、異素材との組み合わせやお部屋のトーンを茶系や暖色にして無彩色にしすぎないことであたたかみのある空間をつくることができるのです。

※※ここにTOP画像のコメントを入れてください※※

セラミックのセンターテーブルやサイドテーブルなどの小物でセラミックを楽しむのもおすすめ。ダイニングテーブルに挑戦するのは少し不安だという方やお部屋に少しセラミックのニュアンスを取り入れたいという方にぴったりです。

※※ここにTOP画像のコメントを入れてください※※

表面の凹凸感や自然な色合いなど一つ一つ表情が違うので、焼き物ならではの風合い・素材感を楽しむことができます。是非あなただけの1台を見つけて、理想のお部屋づくりを叶えてください♪

セラミック商品一覧

リーズナブルに“セラミック風”の雰囲気を楽しみたい方必見!セラミック調家具一覧へ
TOP